楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/25 20:30

知ることで不安が和らぐ!押さえておきたい更年期障害対策

「更年期障害」という言葉が一般的になりましたが、今でも症状に悩む人が後を絶ちません。もちろん、仕方がないこともたくさんあるのですが、いざ更年期を向かえた時に怖がらないためにも、事前に取れる対策の選択肢を知っておくことは大切です。

美容家の筆者が、心の準備のためにも知っておきたい「更年期対策」を3つご紹介します。

■「更年期障害」とは?

更年期とは、閉経の前後10年のことをいいます。つまり、閉経してみないと、いつから更年期だったのかははっきりとわかりません。

日本人の閉経平均は約50歳なので、その場合は45〜55歳が更年期ですが、早い人は40歳で閉経する人もいるそうです。そうすると35〜45歳が更年期となるので、人によってかなりの個人差があります。

更年期障害とは、更年期のホルモンの減少やアンバランスによって生じる体調の変化や不調のことを総称していいます。自律神経失調症状や、精神的な不調・波、頭痛、腰痛、耳鳴り、めまい、不眠や肩こり、動悸、憂鬱など、その症状はかなり多岐にわたっています。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >