2019/11/29 21:30

とろみ系化粧水がぐんぐん浸透!保湿力も高める塗り方テク

乾燥が気になる季節になると目に入るのが、保湿力の高いとろみ系化粧水ですよね。しかし一方で使いながら、肌の表面で留まって浸透していないような感じがする方もいると思います。

コスメコンシェルジュの筆者が、とろみ系化粧水をしっかり肌に浸透させて、よりうるおわせるテクニックをご紹介します。

■とろみ系化粧水の特徴

とろみ系化粧水の多くは、「セラミド」や「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などが配合されているので保湿力が高く、粘度も高いことが特徴です。美容液のようなテクスチャーであるところも、秋冬に人気となる理由の一つではないでしょうか。

その反面、「肌に浸透していないような気がする」「膜が張っているみたいでベタつきが気になる」そういった声もよく聞きます。そこで、まずはとろみ系化粧水の間違ったつけ方を見ていきましょう。

とろみ化粧水のNGの塗り方3つ

(1)さらさらとした化粧水と同じように、一度に使う量のすべてを手のひらに出してつけている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >