楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/13 19:30

長風呂で寝付きが悪くなる?疲労回復&快眠できる入浴法

お風呂の入り方次第で、疲れのとれやすさや眠りの深さに影響があることをご存知でしたか?

美容家の筆者が、疲れがとれてよく眠れるお風呂の入り方を改めてご紹介します。

■お風呂の温度&時間

お風呂に朝入るのか夜入るのかで、適切なお湯の温度は異なります。朝風呂派の人は少し熱めの42度以上にすると、交感神経が優位になり、目覚めもすっきりして朝から活動的なモードに導かれます。

夜の時間帯のお風呂であれば38〜40度くらいで少しぬるめの温度にし、じんわり汗が出るくらいがベストです。入浴時間も20分以下にし、長く入りすぎないようにしましょう。

高い温度のお湯で長湯をして汗だくになってしまうと、交感神経が優位になり寝つきが悪くなる可能性もあります。しっかり休みたい夜や睡眠の質の向上をはかりたい人は、ぬるま湯でリラックスすることがおすすめです。

また、乾燥肌の人にもぬるま湯をおすすめします。高い温度のお湯で入浴時間が長すぎると、肌の乾燥につながります。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >