2017/06/19 20:30

起床後1時間以内が◎!「体内時計リセット」の朝習慣とは?

■「朝食」で体内時計がリセットされる!?

体内時計をリセットさせるには、起床後1時間以内には朝食を摂りましょう。

糖質制限食が流行していますが、人間の身体を動かしている細胞は糖質がなくてはエネルギーを生むことができません。これは皮膚の細胞にも同じことが言えます。正しい判断をするために重要な脳は、9割以上が糖質です。このことからも毎日の食事が、いかに体を作っているかが分かります。では、起床1時間以内にとる朝食の内容について考えましょう。

「玄米」と「魚油」がポイント

精米は、体内に必要なミネラルやビタミンが少ないため、玄米などの精製されていない米を取り入れましょう。米=糖質(ダイエットの敵)ではありません。食べ方にポイントがあります。

食事によるインスリン(血糖値の上昇を抑えるホルモン)の分泌は、体内時計のリセットに重要です。海外の研究ですが、血糖値を上げやすい糖質や、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)に代表される魚油を含むイワシやサバなどは体内時計リセットを引き起こしやすいという結果があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >