2017/05/23 20:30

定番のアノ色で疲れ顔に!プロ直伝のお悩み別アイカラー選び

LAR世代はメイクの悩みが増えるお年頃。「こんなイメージにしたい」とか「そんな難しい事は求めていません」というあなた。間違いないと信じて使っているブラウンのアイシャドー。本当にそれで大丈夫? そもそも、アイシャドーってどんな色を使うのが年相応なのか、お悩み別にアイシャドー選びの注意点をご紹介いたします。

■要注意!ブラウンシャドーでお疲れ顔に

ベージュやゴールド、質感の違いで色の呼び方も様々ですが、大きく括ると「ブラウン系」と呼ぶ事ができる、肌馴染みのよい色相(しきそう)のアイシャドーを定番にしている方は多いはず。ですが、ここで注意したいのは、まぶたの肌色。動きも多く、皮膚の薄い目元は、真っ先に変化を感じる部分です。血行不良によるくすみ、花粉の時期には目をかくことによる摩擦で、くすみやシワになる事も。老化の兆しが最初に現れるとも言われています。既にくすみがあるまぶたにブラウン系のアイシャドウをつけると、お顔全体の印象を暗く見せてしまう可能性があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >