2017/05/18 19:30

朝の目覚めに◎!ベッドでできる「おはようニッコリ」ポーズ

日の出も早くなり、暖かく過ごしやすいこのシーズンは早起きして一日を有効に使いたいものです。しかし、「春眠暁を覚えず」と言われるように、春は副交感神経が優位になり、眠くなりやすい季節でもあります。原因や対処法を知って、良い季節を楽しく過ごしましょう。

■自律神経を味方につけて、すっきり目覚めよう

身体には内臓を動かしたり、血圧や体温などを調節する、意思とは関係なく働く自律神経があります。自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、前者は活動的な時や緊張している時に働き、後者はリラックスしたり、休息している時に働きます。そして、双方がバランスをとることで、私たちの身体は健やかな状態に保たれています。冬は、寒さが刺激となって緊張度が高まり、交感神経が優位になりやすく、暖かくなると、リラックスして副交感神経が優位になるので、春は眠くなりやすいという仕組みになっているのです。
今回ご紹介する顔ヨガは、朝のベッドの中で簡単に行える「おはようニッコリ」です。表情筋を色々な方向にしっかり動かすことで、交感神経を刺激し、目覚めを良くして一日のスタートに差をつけましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >