2017/05/27 12:00

マカロニだけじゃない!「ショートパスタ」の種類と調理法

パスタと言えば、イタリア料理の定番。大きく分けると、ロングとショートといった種類があります。あまりに馴染みすぎていて、食べていて気付かないことが多いですが、実はいろんな形があるんです。それに、使い方もそれぞれ違いがあります。そこで今回は、料理研究家である筆者が「ショートパスタの種類と使い方」についてご紹介します。

■ショートパスタはマカロニだけではない

ショートパスタというと、頭に浮かぶのはまずマカロニかもしれません。グラタンに入っていたり、サラダにのせたりするのが一般的な使われ方です。他にもたくさん種類があり、様々な料理に使えます。また、ロングパスタにはない独特の歯ごたえが楽しめるのも、優れた点と言えます。

■ショートパスタの種類と使い方

断面がペン先のような「ペンネ」

マカロニ同様、穴が開いて筒状になっているのがペンネです。イタリア語で「ペン」の意味があります。名前から分かるように、断面が斜めになっているのが、マカロニと違うところ。表面に筋が入っている場合もあります。トマトソースをベースにしたアラビアータや、グラタンなどの料理によく用いられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >