2017/06/23 20:30

PA+の意味は?「日焼け止め」の塗り直しのタイミングとは

梅雨が明けるといよいよ夏本番! 美肌を守るために、紫外線対策はもはや1年中が当たり前ですが、こまめに日焼け止めを塗り直していますか?

日焼け止めの表記を理解すると、塗り直しは必須ということが分かります。これからの季節に向けて、紫外線対策を見直してみましょう。

■PAには持続時間の表記がない!?

紫外線にはA波とB波があり、A波は主に皮膚のシワ・たるみ、B波はシミ・そばかすの原因になることは多くの方がご存じですよね。A波をカットする値はPA+と表示され、プラスの数が多いとそれだけA波をカットする力が強くなります。

A波は防御力、B波は持続時間

一方B波のカットはSPF30・50など数字で表記されます。B波を浴びてから、日焼けするまで個人差はありますが約15~20分と言われています。例えばSPF30なら、15分×(SPF)30=450分(7時間半)B波をカットできるということ。B波の持続時間=A波の効果時間ではないのです。あくまでもA波は防御する力を表記しているのであって、持続時間の表記はないということを覚えておきましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >