2017/06/01 12:00

衣アレンジでバリエ広がる!ふわサク「フリット」を作るコツ

揚げものというと、調理方法としては、天ぷらや唐揚げ、素揚げなどがあります。さらにもう一つ、フリットという調理法もあります。他の揚げものとは少し違った、サクサクでふんわりとした食感に仕上がり、特に女性や子どもに喜ばれます。パーティーメニューにもピッタリ。今回は、料理研究家の筆者が「フリットの作り方や美味しく食べる方法」をご紹介します。

■フリットとフライの違い

フライは、食材に溶き卵やパン粉を付けて油で揚げたものを指します。これに対してフリットは、メレンゲを混ぜて作った衣を使い、油で揚げたもの。噛んだ時にカリカリとした食感だけでなく、ふんわりとした柔らかさが加わるのが特徴です。フリットは、フランス語で「揚げる」の意味です。

■ポイントはメレンゲ

フリットを美味しく仕上げるポイントはメレンゲです。卵を卵黄と卵白に分け、卵白をハンドミキサーや泡立て器を使って、角が立つくらいまでしっかり泡立てます。これを衣に加えることで、カリカリの奥にふんわりとした食感が楽しめます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >