2017/06/10 20:30

呼吸を深めてリラックス。脇腹のむくみにも◎なストレッチ

今回は、美人を内面からサポートする呼吸筋である横隔膜をほぐすストレッチをご紹介します。

■横隔膜は鍛えられる!?

普段、無意識にしている呼吸を意識的に深める事で、横隔膜の上下運動を行います。すると、内臓の動きが活発になったり、副交感神経が優位になってリラックス状態になったりします。つまり、横隔膜は呼吸をコントロールすることで鍛えられる筋肉なのです。

「腹圧」に注目!

そして、腹式呼吸は腹圧を鍛える効果もあります。内臓は腹膜という風船のような袋の中に入っていて、内臓が働きやすく、また支えようとしているのが腹圧です。腹圧という袋がしぼめば、内臓や神経、血管がぎゅうぎゅうに詰め込まれたような状態になり圧迫され、圧力がかかってきます。すると内臓の働きは落ち、血行不良にもなります。

腹式呼吸を習慣化して「腹圧」を強化

解決策としては、腹圧を上げるためにコアを鍛える適度な運動を習慣にするのも大切ですが、腹式呼吸を習慣にすれば、腹膜や横隔膜の柔軟性を高めて腹圧を強化させることが出来ます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >