2017/06/11 13:00

水に浸して再生!コスパ◎な「豆苗」の青臭さナシの食べ方

最近よく耳にするようになった豆苗。食べる際に根っこの部分を残しておき、それを水に浸しておけば再び収穫できるなど、家庭菜園でも育てやすいのがその理由です。さらに、豆苗は栄養価が高く、健康や美容にも良いのが特徴。

今回は、料理研究家である筆者が「豆苗の食べ方や効率のいい栄養摂取法」などをご紹介します。

■アンチエイジング効果に期待

豆苗は、もとは中華料理の高級食材として知られていました。今は安く手に入るようになり、家庭でも栽培できるという手軽さが人気です。
そして、注目すべきは栄養価の高さ。栄養のバランスが良く、特にβカロテンが豊富で、抗酸化作用によるアンチエイジング効果が見込めます。

■油と炒めて栄養吸収

豆苗に、やや青臭さを感じる方もいます。それは火を通すことで解消。炒めれば気にならなくなります。
さらに、βカロテンは油と炒めると吸収率がアップするという性質があるので、さらなる美容効果やアンチエイジング効果が期待できます。ベーコンやソーセージ、キノコ類などと炒めるのがお勧めです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >