2017/07/03 12:00

お好み焼きにも◎!美容エキス豊富な「生もずく」食べ方3つ

スーパーなどでよく見かける、「もずく」。パックに入っていて、すでに調理済みのものを思い浮かべるかもしれませんが、生のものもあります。

もずくの旬が5~6月のちょうど今の時期になります。栄養たっぷりで、食感も楽しく、いろいろ料理にも使えます。
今回は、料理研究家である筆者が「生もずくの美容効果や食べ方」についてご紹介します。

■食物繊維による美容効果

生もずくは、ササッと水で洗うだけで食べることができます。ただ、パックで酢漬けにされているものと違って味が付いていないので、調理の必要があります。
もずくには、「フコイダン」という食物繊維が含まれています。あの、ヌルヌルっとした感覚は、この「フコイダン」によるもの。摂取すると、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できると言われています。

■ニオイが気になるときは

生もずくは、水で洗っただけでは生臭さや磯臭さが強いと感じる人もいます。そういう場合は軽く湯通ししてみてください。そのあとに水にさらせば、まったく気にならなくなります。
湯に通すことで、ほんのりと緑色になり、鮮やかさが増します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >