2017/07/10 12:00

7月10日は納豆の日!ヤセ体質作りに“朝納豆”が◎な理由

7月10日は「納豆の日」だそうです。和の発酵食品の代表選手である納豆は、美容と健康をサポートする食品としてお馴染みですが、みなさん、納豆はいつ食べていますか?

ダイエットのために食べるなら、「朝食」がおすすめです!

■朝納豆がダイエットサポートになる理由3つ

(1)ネバネバ成分の働きがランチまで続く

納豆のネバネバ成分は、納豆菌が作り出した水溶性食物繊維の仲間です。大豆をそのまま食べるよりも納豆で食べたほうが、1.5倍の食物繊維を摂ることができます。

このネバネバ成分には、糖や脂肪を包み込み吸収を穏やかにする働きがあるため、一緒に食べた糖や脂肪の吸収を抑えることが期待できます。

さらに、一緒に食べたものだけでなく、次に食べたものの糖や脂肪の吸収を穏やかにしてくれる「セカンドミール効果」があるのだそうです。ですから、朝に納豆を食べておけば、ランチの糖や脂肪の吸収までもケアしてくれるということ! もちろん、夕食のボリュームが大きい方は、ランチに納豆を食べれば夕食までセカンドミール効果が続きます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >