2017/05/26 20:00

洗顔にも◎!しわ・シミや枝毛まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

しわやシミ、たるみなど、年齢を重ねるにつれ多くなる肌悩み。解消しようと使用コスメを増やして肌を甘やかすと、肌本来が持つ、保湿機能やバリア機能などを低下させる可能性があります。そんなときは多くの肌悩みに対応できるアイテムを取り入れ、シンプルなケアを行いましょう。そこで、マルチアイテムとして筆者がおすすめしたいのが「馬油」です。

■馬油とは?

馬油は、主に食用馬の腹部やたてがみ部から採取した皮下脂肪を原料に作られているといいます。中国で生まれ、奈良時代に伝来したようですが、その頃は「薬」のような役割を果たしていたと伝えられています。

■馬油の美容効果

美容に関する効果では、しわ、シミ・ソバカス、ニキビ、乾燥、冷え性、肌荒れ、湿疹、血行促進、日焼け後の炎症、薄毛、細毛、枝毛などがあるといわれています。

■馬油活用術5つ

1.洗顔・クレンジング

筆者が実際に行い、嬉しい効果を感じることができた「馬油洗顔」の方法をご紹介します。効果は人それぞれですが、乾燥が気になる季節に行うことで肌全体の乾燥が和らいだ、目尻の小じわが目立たなくなった、肌に透明感が増したといった嬉しい効果を感じることができました。
クレンジングはポイントメイクを事前に落としてから、洗顔と同じ方法を1から3まで行います。その後に洗顔してください。ただし、その後シャンプーする場合で、それが顔にかかる場合には洗顔の必要はありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >