2017/10/19 12:00

おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ

いよいよ秋突入! 夏太りを冬に持ち越さないために、今からダイエットを始めようとしている人もいるかと思いますが、皆さんは出先やコンビニでランチを買うときに、どんなものを選んでいますか?

カロリーを気にして、ランチはおにぎりやパンといった主食+スープやサラダ、といった組み合わせをしている人が、結構多いのではないでしょうか。

しかしそこには意外な落とし穴があります。痩せ体質を目指すなら、タンパク質を重視すべきです。あなたのランチは大丈夫ですか?

■おにぎり+スープは痩せにくい!?選び方の意外な落とし穴

主食+スープorサラダといった組み合わせは、カロリーでいえば確かに高くありません。しかしながら、実は意外と痩せにくい罠があります。

(1)塩分が多くなるとむくみの原因に

厚生労働省によると、女性の1日の摂取ナトリウム(食塩相当量)の目安は、7g未満とされています。

ざっくり計算すると、400mgのナトリウムが塩約1gとなります。商品によって違いはあるものの、カップスープやノンオイルドレッシングは、意外と塩分が高いのをご存知でしたか? 組み合わせによっては1食で1日分の塩分を摂取し、むくみの原因となっている場合も!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >