2017/08/21 19:30

口呼吸で夏冷えに!?歯科医師が教える「夏冷え予防法」2つ

暑さの残る8月後半。季語では「処暑」ですが、この時期から暑さが和らぎ始めるといわれています。でも、仕事中や家の中ではエアコンで寒いくらい。

まだまだ太陽の陽射しは強く、外と中の温度差に苦労していませんか? 
寝ている間のエアコンは、もはや欠かせないものになっていますが、夏冷えに困っている方も多いと思います。そこで、エアコンによる夏冷えを予防する身体の仕組みについて知っておきましょう。

■大切なのは口呼吸とワルダイエル咽頭輪

夏の過ごし方に重要なのは鼻呼吸です。ヨガなどで鼻呼吸がよいと聞いている方も多いと思いますが、なぜ鼻呼吸がよいのか知っていますか。
口を大きく開けた時に、舌の根元にある左右の舌扁桃、上顎の左右にある口蓋扁桃、耳管開口部の周囲にある左右の耳管扁桃、咽頭扁桃は口腔と鼻腔の裏門を取り囲むように配列されており、これら4つをワルダイエル喉頭輪といいます。

扁桃は、鼻や口からの刺激を起こしやすい場所とされ、体外からの異物などが身体の免疫システムと直接触れ合う場所です。この免疫システムは空気が十分に加湿されていないと働きません。
つまり、暑いからという理由で冷たい飲み物ばかりを多く取っていると、この部分は十分な加湿が行えず、免疫力の低下が起こります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >