2017/09/27 20:30

不調サインを“顔色&舌”でチェック!「顔の反射区」早見表

生理前にあご周りに吹き出物ができたり、寝不足で目の下にクマができたりしますよね? 東洋医学では顔や舌の状態を見て症状を判断する「望診」というものがあります。

例えば、肝臓が悪ければ顔が青くなり、心臓が悪ければ赤っぽくなるなど、不調のサインを顔色や状態で判断するというものです。

■足や耳と同じように顔にも反射区がある

顔には、五臓五腑の状態が反映される「反射区」が存在します。内臓に不調があると、顔の反射区それぞれに不調のサインとして現れるのです。
ということは、ごく初期の段階で不調に気づくことができ、病気になる前に改善する手がかりになるということになります。望診によって未病のうちにウィークポイントが分かれば対策ができますね。ご自身やパートナー、ご家族の内臓の状態をみる東洋医学的健康管理を始めてみませんか?

■五臓五腑と顔色の関係

(1)肝・胆

肝臓にトラブルがあると血液の浄化作用に影響が出て、顔が青黒くなります。肝臓の血液浄化機能が十分に働かなくなると、血液が黒ずみを増して流れが悪くなるためです。
精神的なストレスで、目にトラブルが起きやすく肝臓の負担が増えます。寝つきが悪い、イライラする、PMSが重いなど。精神的な不調もあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >