2017/08/24 19:30

運動時に必須!マグネシウム不足度チェック&すぐ摂れ食品表

ヨガやピラティス、マラソンなどの全身運動や局所の筋肉運動に欠かせないのが必須ミネラル。
運動によって、筋肉が収縮と弛緩を繰り返すときに、このミネラルが少ないと発生するのが、筋肉の痙攣と乳酸の蓄積です。
全身運動の際に不足すると、心臓の筋肉である心筋の細胞内にカルシウムが溜まり、緩むことができず緊張状態になります。運動での緊張状態は、身体に負担が強くかかります。
このミネラルですが、日々の生活習慣でとても不足しやすく、厚生労働省発表のマグネシウム摂取推奨量によると、LAR世代の女性は明らかに摂取量が不足している現状です。

■肌の質感や筋肉を動かす際に欠かせないミネラル

必須ミネラルのひとつであるマグネシウム。マグネシウムと言われてもピンとこない方は、豆腐に含まれる「にがり」をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。
長い間続くマグネシウム不足は、将来的に骨粗鬆症、心疾患、糖尿病のような生活習慣病のリスク上昇につながります。
マグネシウムは、325種類もの生体内反応に関係する酵素反応の触媒として重要な役割を担っています。
つまり心臓が脈をうち、身体を動かすこととは切っても切り離せない関係なのです。
これは一例ですが、マグネシウム不足は、唾液中のリンとカルシウムのバランスを狂わせ、虫歯や歯周病の発症にも大きな影響を及ぼします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >