2017/09/13 12:00

摂り過ぎ注意!?「カフェインの上手な摂り方」ポイントとは

眠い時や、シャキッとしたい時にコーヒーやエナジードリンクを飲むという人も多いのでは?

確かにカフェインには覚醒作用があるため、睡眠を抑制して脳を活性化する働きがあると考えられていますが、過剰に飲めばデメリットも。最近ではカフェインの過剰摂取によるさまざまな症状も問題視されています。
そこで今回はカフェインの摂り方のポイントをご紹介します。

■カフェインのメリット

覚醒作用

カフェインのメリットとして広く知られているのが「覚醒作用」ですよね。カフェインの摂取後、15~20分後くらいから血中濃度が増して覚醒効果を発揮することがわかっています。
この原理を利用して15分~20分程度の仮眠をとると、脳の認知機能が高まるそうです。

脂肪燃焼効果

カフェインには体内で脂肪を燃やして熱をつくる、褐色脂肪細胞を活性化する働きがあります。

■カフェイン入り飲料を飲む時のポイント

カフェインの過剰摂取による症状

中枢神経系の刺激によるめまいや心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などの症状をもたらす可能性もあるようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >