2017/10/27 19:30

1枚で旬に!話題の「袖コンシャス」の着こなしポイント3つ

最近よく聞く「袖コンシャス」。不思議な言葉ですが、ご存じですか? コンシャスは意識をするという意味ですよね。現在のトレンドとして袖にボリュームがある、デザイン性が高い服のことを「袖コンシャス」といういい方をしているんです。

そんな袖コンシャスな服の着こなし方をご紹介します。

■トレンドは繰り返す!「袖コンシャス」の歴史

古くはマリー・アントワネットのいた近世の時代から、袖に特徴があるドレスはたびたび人気になっています。とくに19世紀には、レッグオブマトンスリーブ(ジゴ袖ともいいます)という、その名のとおり羊の脚のような、大きく膨らんだ袖が大流行。コルセットでウエストを締め、裾広がりのスカートを合わせた「アワーグラス(砂時計)」というシルエットが好まれました。

その後のアール・ヌーヴォーの時代になると、袖にデザインのあるものでは、スッキリとしたIラインのシルエットが採用されています。多くのデザイナーが古いファッションを参考にするので、トレンドは繰り返されるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >