2017/11/09 19:30

朝のホットアーモンドミルクで冷え対策!カラフルレシピ5つ

「第3のミルク」と呼ばれ、注目が集まるアーモンドミルク。スーパーなどでも見かける機会も増え、気になっている方も多いのでは。

「アーモンドミルク研究会」メンバーであり医学博士の井上浩義先生によるアーモンドの機能と、管理栄養士の柴田真希さんによる、見た目にも楽しいアーモンドミルクレシピをご紹介します。

■アーモンドの抗糖化&抗酸化作用に注目

アーモンドに豊富に含まれるビタミンEは、抗酸化作用を持つことが知られています。さらに、井上浩義先生の研究によると、1日25粒のアーモンドを半年間食べ続けることで、AGEs(終末糖化産物)が20%以上も減少したという結果が得られたそう。

抗糖化、抗酸化に良い影響を与えたと考えられる、アーモンドの特徴的な栄養成分は、次の5つ。

(1)食物繊維

(2)オレイン酸

(3)ビタミンE

(4)ポリフェノール

(5)ミネラル

食物のなかでもトップクラスの含有量を誇るビタミンEは、抗酸化作用のほかに、女性ホルモンの働きを調節したり、血流促進作用で冷え・肩こり改善効果が期待できます。また、オレイン酸が血糖値の急激な上昇をゆるやかに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >