2018/01/29 12:00

手軽で安全!鍼灸師考案の「ペットボトル温灸」の方法

寒さが一層増し、体調を崩しやすい季節ですね。火を使うお灸に関心はあるけれど、「試してみたいけど面倒だし怖い」「ツボがどこにあるかわからない」と思っている方もいるのではないでしょうか。そんな方に、「お灸」に対するハードルの高さを解消してくれる便利な方法があります。

鍼灸師の若林理砂先生の考案した「ペットボトル温灸」をご紹介します。

■初めてでも簡単!安全なペットボトル温灸

準備

(1)ホット専用のペットボトルを用意しましょう。この時期なら自動販売機でも買えますね。
(2)目分量で良いので、ペットボトルの3分の1に水を入れ、残りの3分の2に沸騰したお湯を入れてフタをしめます。(これで水の温度が、70〜80度になります。)

やり方

(1)ツボ付近を、「なんとなくここかな?」という風にとらえます。ピンポイントでツボをとらえなくてもOKです。
(2)ツボ付近を狙ってペットボトルを数秒押し当て、「アチッ!」と思ったら離す→また押し当てるを繰り返します。この動作を3〜5回行いましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >