2018/02/04 19:30

寒さに負けない!呼吸が深まる「コブラのポーズ」

ここ最近の寒さで身体を丸め、呼吸が浅くなり、なんとなく気持ちも下向きになっているという人も多いのではないでしょうか。

今回は、胸を開き呼吸を深め、ポジティブな気持ちに変えていくヨガポーズをご紹介します。

■心のバランスを保つホルモン「セロトニン」

冬は寒さだけではなく、日照時間も短く、身体のリズムが狂いがちです。なぜなら、心のバランスを保つホルモンである「セロトニン」は、日光にあたった時間によって分泌量が調整されるからです。

日照時間が短いと、「セロトニン」の分泌が減り、心臓機能や代謝、呼吸などを管理する自立神経が乱れ、ネガティブモードになりやすいです。

この状態から抜け出すには、深い呼吸を心がけ、心身ともにリラックスするように副交感神経を優位にすることが大切です。つまり、ヨガがおすすめなのです。

■ポジティブな人になるコブラのポーズ

ブジャンガーサナ(コブラポーズ)は、腰や背中の疲れ、冷え性を解消してくれます。また、胸を開き、呼吸が深まるので、前向きな気持ちになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >