2018/02/13 20:30

脱“への字口”!ストローを使った「愛され顔ヨガ」の方法

■脱「への字口」でハッピーに

への字口でいるデメリットは以下の通りです。

・印象の悪さ
・たるみの原因
・マリオネットラインなどのシワの原因
・気持ちが落ち込む

このように、への字口でいることのデメリットはとても多いです。以下でご紹介する顔ヨガで口角を上げ、への字口の習慣を今すぐやめましょう。

ストローを使った顔ヨガ「キラリスマイル」

用意するものは太めのストローです。長いままだと邪魔なので、15センチほどに切ったものを使用することをおすすめします。

(1)ストローを犬歯に当て、軽くくわえます。この時、口角だけを上げる筋肉(口角挙筋)を使い、下の歯は見えないように注意しましょう。

(2)ストローが落ちないように口角を美しく持ち上げましょう。鼻呼吸をしながらこの状態をキープしてください。

パソコン作業をする時や、お皿を洗っている時などに行うのがおすすめです。

今回ご紹介した顔ヨガは、無意識に「への字口」になる癖を矯正する効果があります。ぜひ、試してみてくださいね。

(ヨガインストラクター 千葉ゆか
高津文美子式フェイシャルヨガインストラクター、顔つぼセラピスト。二児の母。お子様連れOKなヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >