2017/05/23 12:35

少食なのに太るのはなぜ?「アンバランス肥満」とは

「食事の量を減らしているのに、なぜか太った気がする…」という経験をしたことはありませんか? 肥満の原因は、ただ単にカロリーの摂取量が多いからというわけではありません。
そこで今回は、肥満予防管理士の筆者が、見落としがちな肥満の原因についてご紹介したいと思います。

少ししか食べていないのに太る理由とは

過去に自身の経験でもあったことですが、そこまで過食をしているわけではないのに、過去最高に太った! ということがありました。もちろん摂取カロリーもそこまで多くありません。なぜ消費されないのでしょうか。その原因は、自律神経の乱れにありました。

みなさんは「モナリザ症候群」という言葉をご存知ですか? 「Most Obesity kNown Are Low In Sympathetic Activity」の頭文字を取ってつけられた名前であり、「肥満のほとんどは交感神経の働きが低下している」という意味を持っています。
自律神経が乱れ、ダイエットに重要な代謝を促す交感神経の動きが低下してしまうと、脂肪を燃やす働きが十分に出来なくなる恐れがあるそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >