2017/05/19 12:00

疲れた首や肩をじんわりほぐす。手作り『ハーブ湿布』で部分ケア

肩や首、忙しく働く女性の疲れはさまざま。それもそのはず。人間の頭はだいたい3~4kgもあるのですから。下を向く作業が多ければ多いほど、慢性的な疲労を感じてしまいますよね。毎日部分ケアをしてみたら、少しは変わってくるかもしれません。
そこで今回は、疲れた部分を優しく癒やすハーブの活用法をご紹介します。

■慢性的な疲労感は「あたため」が効果的

ねんざなどの炎症の時は冷やしてあげるのがベターですが、肩こりや腰痛の原因は、同じ姿勢が長く続くことの筋肉疲労だといわれています。

慢性的な疲労感があるときは部分的にしっかりと温めて、その部分の緊張をほぐしてあげることにより疲労感を緩和できるかもしれません。


■ハーブを使ったおすすめ温湿布

ハーブを使った湿布をつくり、これを首や肩に乗せて温めて疲れを癒やしましょう。肌に直接触れるものなので、今回は肌が弱い人でも使えるジャーマンカモミールを。

ジャーマンカモミールはキク科の植物です。(キク科アレルギーの方は使用しないで下さい。)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >