2017/07/12 12:00

薄曇りの日でも80%の紫外線量!雨や曇りの日の紫外線対策

「曇りの日は紫外線が弱いはず」と安心していませんか? 実は曇りの日でも紫外線はしっかり降り注いでいます。その量は、晴れた日の6割。意外と多いですよね。太陽が出ていないからと油断していると、シミの原因になりかねません。
そこで今回は、油断しがちな悪天候時の紫外線対策についてご紹介します。

曇りの日の紫外線量

国土交通省 気象庁のHPの「雲と紫外線」によると、晴れた日のUVインデックスを100%とすると薄曇りの日は約80~90%、曇りの日でも約60%という数字がでています。薄雲りの日の紫外線量は晴れの日とほとんど変わりません。曇った日でもかなりの量の紫外線が降り注いでいることになります。

雨の日の紫外線量

もちろん、雨が降っていても紫外線の影響はあります。雨の日でも晴れた日のUVインデックスを100%とすると30%は降り注いでいます。こちらも油断できない数字ですね。

レストランのテラス席は要注意

この季節、レストランのテラス席でのランチは気持ちの良いものです。特に雲りの日には安心して選びがちですが、紫外線はしっかりと降り注いでいます。シミが気になる……なんて人には室内でランチをとることをオススメします。
それでもテラス席が選びたいのであれば、ランチの前に顔や手に日焼け止めをしっかりとぬってから外出しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >