2017/07/04 19:00

【実証】ティントリップをキレイに長持ちさせるコツ

上記の画像は、左は素の肌に、右はリップクリームをつけた上にティントリップを塗った状態です。右は油分の影響で色ムラができ、発色も悪くなっています。

こちらは、5分経過してから拭き取ったあとです。左はしっかり残っていますが、右はほとんど落ちてしまいました。このように、油分がない状態で塗るのがベストですが、乾燥するときは保湿後にティッシュで油分をおさえてから塗りましょう。

グロスを重ねてもOK

ティントリップは塗りたてはうるおっていても、しばらくすると乾燥してしまうことが。そんなときは、上からグロスを重ねてみてください。うるおいとツヤを同時に与えることができ、きれいな状態をキープできます。

しっかり定着させる

ティントリップを塗った直後は、まだ色が定着しておらず落ちやすい状態です。では、定着前と定着後ではどれくらい持ちが変わるのでしょうか?

画像の左は定着してから拭き取ったもの、右は定着前に拭き取ったものです。右もわずかに残っていますが、左のほうが鮮やかさを保っています。発色をキープするためにも、グロスを塗ったり飲食したりするのは定着後にしましょう。5分程度おいてから唇にティッシュを軽くあてて色移りがなくなればOKです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >