2017/07/03 12:00

痩せグセがつく!? 脂肪の燃焼をうながす身近な食べもの6つ

夏に向けてダイエットに取り組んできた方は、そろそろ追い込みの時期ですね。食事をすると身体が温かくなりますが、これはDIT(食事誘発性熱産生)といって、食後安静にしていてもエネルギーが消費されるからです。

このDITは1日の代謝の約1割を占めていますが、食べるものの内容によってさらに高めることができます。食べるだけでエネルギー消費を高める食材を取り入れて、安静にしていてもエネルギー消費できる身体を作りましょう!

DITとは?

食べたものが脂肪として蓄積されるかエネルギーとして燃焼されるかは、カロリーだけで推し量ることができません。なぜなら、食べたものの内容によってDITが異なるからです。タンパク質であれば摂取カロリーの約30%、糖質は約6%、脂質は約4%がDITとして、安静にしていても消費されます。

ですから、低脂肪、低糖質の食事がダイエットにはむいているのですが、タンパク質・糖質・脂質の三大栄養素以外にもDITを高める食べものがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >