2017/07/31 19:00

うつくしく健康でいるためのカギは汗!「良い汗」をかく方法とは?

夏本番を迎え、蒸し暑くじめじめとした日が続いていますね。少し歩いただけでじわ〜っと汗をかき、嫌な思いをされている方も多いと思います。しかし「汗」自体は、カラダやお肌のコンディションを整えたり、体温調節をしたり、体の内側に溜まった老廃物を排泄するなど、美しく健康でいるためにも欠かせないものです。

ただ、汗にも「良い汗」と「悪い汗」があることを知っていますか? 今回は汗の質の見分け方と、“良い汗”をかく方法をご紹介します。

「良い汗」と「悪い汗」の違い

本来、エクリン腺という汗腺からです「良い汗」には塩分が少なく、ほとんどは水分なので、ベタつきや臭いはありません。しかし、エクリン腺がうまく機能せず「悪い汗」をかくと、塩分や老廃物を含んでいるので、ベタつきや臭いの元となったり、肌トラブルの原因になったりします。

日頃、あまり汗をかかないと汗を排泄する汗腺が衰えてしまい、汗を排出しにくい状態となるため、ドロドロ、ベタベタした汗が出るようになるので、良い汗をかくためには、日頃から汗をたくさん排出し、汗腺を鍛えておくと良いですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >