2017/07/18 20:00

選び抜くセンスを磨いて。大人の女性に似合う“ピンク”の正解とは

可愛らしい印象を与える「ピンク」。好きな色としてあげる女性も大勢いると思われますが、ファッションでピンクを取り入れるとなると、「年代にあわせた似合うピンク」を選び抜くスキルが必要になってきます。
では、“大人に似合うピンク”とはどういうものなのでしょうか。今回は大人のピンクの取り入れ方についてご紹介いたします。

ケミカルなピンクではなく自然界に在るピンクを選ぶ

ピンクといっても色み、明るさ、鮮やかさの違うピンクは世の中に数十種類以上あります。その中でどんなピンクが合うのかをピンポイントにお伝えするには、その人の肌の血色や顔立ちなど様々な要素を照らし合わせないと難しいです。
また、ピンクの発色の出方も素材によって違います。例えば、コットンとポリエステルでは同じ色でも見え方が違います。つまり、何色のピンクが私に合うという指標はあまり意味がありません。

それよりも考えるべきは、手に取ったピンクがいかに自然でなじみの良い色合いかを見極めることです。
大人の女性の雰囲気と相性が悪いのはケミカル(人工的)なピンク。例えば蛍光ピンクはそれに近いのですが、自然本来で生み出されたわけではないピンク色には違和感を覚えるはずです。なので、取り入れるピンクは自然発色の良いピンク。素材は合成繊維よりも天然繊維をたくさん使っている服の方が良いでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >