2017/07/25 20:00

夏のオフィス、何を飲む?日焼け・ダイエット・むくみ・集中力に効くお茶

水分補給が欠かせない夏。オフィスや家で何を飲んでいますか? なんとなくで選んだり、好きなお茶を選んだりするのもいいですが、せっかくなら目的別で選んでみてはいかがでしょう。それぞれのお茶には植物が持つ効能が詰まっており、今持っている悩みの改善をサポートしてくれることも。


そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が「日焼け」「ダイエット」「むくみ」「集中力」、それぞれの目的に合ったお茶をご紹介します。

日焼けが気になる人には「ローズヒップティー」

ローズヒップティーにはレモンの約20倍のビタミンCが含まれ、コラーゲンの生成、ビタミンEの再生で肌の代謝を促進。しかも、ビタミンPが含まれるので、壊れやすいビタミンCを保護し、その働きを150%に! 毛穴の緩み、肌を傷つける原因を防ぐビタミンEも含まれ、C、P、Eの相乗効果で美肌づくりにぴったりです。

免疫力、便秘、美白、シミ、ソバカス、風邪、ストレス、疲労回復、生理痛・生理不順、妊娠中の栄養補給、老化防止に効果があります。日焼けを気にする美肌さんにおススメです。

ダイエットをサポートする「プーアル茶」

体の中のこもった熱を冷まし、体内の水分調整をしながら余分な水分を排出してくれるプーアル茶は、夏におススメの涼性のお茶。

肉料理を食べた後の胃もたれをスッキリさせ、脂肪燃焼効果があります。そのほか、ウーロン茶も脂肪燃焼、利尿、肥満予防の効果があります。

中国で古くから親しまれた伝統的なお茶が、あなたのダイエットをきっとサポートしてくれますよ。

全身のむくみが気になる人には「黒豆茶」

下半身のむくみをスッキリさせるならあずき茶が強いのですが、全身のむくみをスッキリさせるなら黒豆茶がおススメです。

黒豆ダイエットや黒豆ココアもブームになりましたが、古くからさまざまな民間療法に使われ、蒸した黒豆を発酵させて乾燥させたものは生薬として漢方薬にも使われます。

黒大豆のポリフェノールには、目の健康に良い「アントシアニン」、体脂肪をつきにくくする「シアニジン」が含まれ、美容やアンチエイジングにも嬉しいお茶です。

筆者は、夏の水分補給に黒豆茶を愛飲しています。

集中力が欲しい人には「紅茶」

紅茶に含まれる「テアニン」と「カフェイン」には、集中力アップとリラックス効果があります。集中力が高まり、リラックス状態になれば、新たなアイデアやひらめきが生まれ、クリエイティブな仕事ができそうです。

また、リプトンが相手との会話を弾ませるのに適した飲料が何かを検証したところ、「紅茶」「緑茶」「コーヒー」といった3種の飲み物のうち、「紅茶」が効果的であり、会話を楽しむための良いコミュニケーションツールになっていることがわかったそう。

集中力アップ、コミュニケーション能力のアップ効果と、仕事を頑張る女性に紅茶が良いサポートをしてくれるかも。


いかがでしたか? その日気になることに合わせてお茶を選ぶのもいいですね。今日は何を飲もうかな、と思った時の参考にしてくださいね。


(紅華堂主宰・国際中医薬膳師・坂本 雅代)

【あわせて読みたい】
・体質によって違う!3つのタイプ別「脚のむくみ」対処法
・血色が透き通るほどの美肌に!? 傾国の美女が食べていた薬膳食材
・下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方
・ドラッグストアで手軽に買える!むくみに効く漢方薬3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
・夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
・“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
・見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
※ローズヒップの特徴と効果・効能-健成園
※紅茶を知る-リプトン
※日本中医食養学会 著、仙頭 正四郎 監修、国立北京中医薬大学日本校(2009)『現代の食卓に生かす「食物性味表」改訂版』(日本中医食養学会)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >