2017/08/16 19:00

夏のうちにしっかりケア!秋冬に髪のパサつきで悩まないための方法2つ

夏は湿度による髪のクセやうねり、広がりが目立ちやすい季節。さらに紫外線が強く、季節的にハイトーンにされるかたも多いので、乾燥したダメージヘアが気になりやすくなります。この夏に受けたヘアダメージを、そのまま秋冬に持ち込んだら大変なことになるかも!?
そこで今回は夏のうちからやっておきたい、秋冬にダメージを持ち込まないヘアケアをご紹介します。

夏のヘアダメージは冬のヘアに大きく影響する

紫外線や湿気など、さまざまなダメージを受けた髪をそのままにして、秋冬に入っていくのは危険です。
秋になると涼しくなって髪も落ち着きを取り戻すため、あまりダメージを気にしないで過ごせるようになります。しかし秋までは良いのですが、冬の乾燥に直面したときに、放置していた夏のダメージが取り返しの付かないヘアコンディションを生んでしまう恐れがあります。だからこそ、この時期からのヘアケアが大切になるのです。

秋冬もキレイな髪でいられる!今からやっておくべきヘアケア

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >