2017/08/29 12:00

秋も油断しないで!肌老化の原因の65%を占める「光老化」対策

年間を通して降り注いでいる紫外線。秋になってもまだまだ油断はできません。
最近、雑誌やテレビやインターネットなどのメディアでも「光老化」という言葉が取り上げられることが増えました。
いつまでも健康的でキレイなお肌を保つためにも「光老化」がもたらすお肌の影響やその対策方法を知っておきましょう。今回はそんな光老化についてご紹介します。

「光老化」がもたらすお肌への影響

紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類があります。

「UVA」の特徴は波長が長く、お肌の真皮層まで到達するので、お肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンまで破壊する力があるといわれています。
コラーゲンやエラスチンが破壊されてしまうとシワやたるみの原因になり、見た目年齢にも影響が出てしまいます。

「UVB」の特徴は波長が短く、赤みなどが出る日焼けを引き起こすことが特徴で、シミやくすみを発生させたり、コラーゲンを破壊する危険のある酵素が活性してしまうので、シワやたるみの原因にもなってしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >