2017/09/02 21:00

自律神経を整える。3分間でできるピラティス流呼吸法

浅い呼吸が原因で起こってしまう自律神経の乱れや肩こり、むくみは辛いですよね。そんな時は3分で出来る簡単呼吸法でつらい症状にアプローチしましょう。
今回はBESJピラティスマスタートレーナーでもある筆者がピラティス流呼吸法をご紹介します。呼吸を整えて、内側・外側から美しくなりましょう。安眠効果もあるので、よく眠れないという人にも◎ですよ。

呼吸が浅いとさまざまな悪影響が起きる!?

浅い呼吸だと、胸郭(きょうかく)の位置が悪くなり、肩こり、上半身太りの原因にもなります。

呼吸を浅くしてしまう習慣

・猫背、前肩、肺の体積を圧迫する姿勢
・ストレス・緊張
・寝不足
・慢性疲労
・冷え性

上記の行動や症状が出る場合は注意。以下の呼吸法で改善していきましょう。

自律神経を整えるピラティス流呼吸法

まずはアンダーバストにチューブを巻きます。お手持ちのバンドやチューブがあれば代用できます。
そして『鼻から吸って・口から吐く』といったピラティス呼吸を意識していきましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >