2017/09/09 19:00

「秋うつ」にご用心!元気に過ごすための対策5つ

「春うつ」は有名ですが、「秋うつ」があるのをご存知でしょうか? 暑い夏が終わり、やっと過ごしやすい気候が訪れたと思ったら、なんだかやる気がでない……体がだるいのでは残念ですよね。

食欲、スポーツ、読書の秋など、アクティブなワードが並ぶ秋。元気に過ごせるように、今回は国際中医薬膳師の筆者が「秋うつ」対策をご紹介します。

「秋うつ」の原因は?

気温が安定しない

夏の終わりから秋にかけて、気温が安定せず、大気が不安定な日が増えます。「気象病」といわれるように、お天気が悪くなる時に頭痛がしたり、体調不良を感じたりする日が増えますが、自律神経の乱れも原因のひとつといわれています。

季節が陽から陰に入る

東洋医学では、夏から秋は、陽から陰の季節に入る時。大気の陽が減り、陰が増えることで気持ちも落ち込みがちになるといわれています。
元々陽が少ない人は、秋の影響を受けやすく、枯葉が舞うのを見てもため息が出るんだとか。

秋を楽しく過ごすために。「秋うつ」対策は?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >