2017/09/25 12:00

二日酔い・むくみとり・美白にも◎!柿のうれしい効果まとめ

9月から11月にかけてが旬のフルーツの「柿」。日本では奈良時代から栽培されてきた歴史の長い食材です。最近は種なし柿や、渋抜き不要で甘みの強い柿も増え、手軽に食べられるようになりました。ミカンの2倍以上のビタミンCや豊富な食物繊維を含む柿は、美肌作りや美腸作りの強い味方。また、お酒が好き! という方にもおススメの果物なんですよ。今回はそんな柿のインナービューティーポイントをご紹介します。

柿が赤くなると医者が青くなる!?

昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、柿には病気知らずの丈夫な身体作りや美容をサポートする栄養が豊富です。特筆すべきは、先ほども少し触れた「ビタミンCの含有量がミカンの2倍以上も含まれている」ということ!

気温・湿度が急激に下がりはじめるこの時期は空気が乾燥するため、風邪などにかかりやすくなります。ビタミンCには、免疫力を上げて体を守ったり、肌細胞のコラーゲン生成に働きかけて強くて美しい肌を作る働きが期待されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >