2017/10/19 12:00

ハロウィンパーティーの主役レシピ!手土産にも◯な簡単カボチャパイ

もうすぐハロウィン。その主役といえばカボチャ。甘くてほくほくのカボチャはどんなお料理にもよく合います。美肌作りや冷え予防の面でもおすすめの食材で、毎日でも食べたい食材のひとつです。
今回はそんなカボチャを使った、ハロウィンパーティーにピッタリの簡単レシピをインナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

カボチャに豊富なビタミンEは美容の強い味方!

カボチャには「ビタミンE」が豊富です。ビタミンEは「ビタミンA」や「ビタミンC」とあわせて「抗酸化ビタミントリオ」と呼ばれるほど、細胞の老化を防ぐ抗酸化力が高い栄養素。トリオの中でも特に強い抗酸化力が期待されていて「アンチエイジングビタミン」とも呼ばれています。

細胞老化のもとになる活性酸素の過剰な働きを抑えることでお肌や血管の老化を防ぐことから、美肌作りや健康なカラダ作りに欠かせない栄養素として注目されています。
またビタミンEには血流を促進する働きも期待されており、冷え予防や血色の良いお肌作りにも欠かせません。

豊富な食物繊維で美腸作りにも◎

カボチャには腸のぜん動運動を刺激する「食物繊維」も豊富です。皮部分も火を通せば柔らかく食べやすくなるカボチャは、ヘタや種を除いて皮ごと調理するのがおススメ。
ひと口大にカットしてから蒸すと、栄養素の流出も防げるだけでなく、自然な甘みを引き出せるのでおススメ。

一度に食べきれない場合は粗熱が冷めてからラップに包んで保存袋に入れ、冷凍保存しておくと忙しい日に重宝します。
美腸は美肌への近道。炒め物や汁物など、日々の食事に積極的にカボチャを取り入れて。

パイシートで簡単!差し入れにもピッタリな「クリーミーカボチャパイ」

<材料>作りやすい分量(約6個分)

・冷凍パイシート 1枚
・蒸したカボチャ 80g
・生クリーム 大さじ1
・シナモンパウダー 少々
・塩 ひとつまみ


・卵液 大さじ1

<作り方>

1. カボチャはあらかじめひと口大にカットし、柔らかくなるまで蒸し器で蒸す。蒸し器がない場合は電子レンジで柔らかくなるまで加熱すればOK。

2. 冷凍パイシートは常温に出しておく。柔らかくなったらめん棒で薄く伸ばし6等分する。フォークで数ヶ所穴をあける。

3. ボウルに蒸したカボチャを入れ、フォークの背で潰す。生クリームを加えてペースト状になるまで練る。シナモンパウダー、塩を加えてさらに練り混ぜる。

4. 切り分けたパイシートに6等分したカボチャペーストをのせ、包み込むように成形する。仕上げに卵液を塗る。

5. 天板にクッキングシートを敷き、4を等間隔に並べたら180度に予熱したオーブンで約20分焼く。

キツネ色に焼きあがればOK! シナモンの香りがほんのり漂うミニパイが簡単に完成です。あえて不揃いな形にすることで手作り感が増します。


小さなお子様がいるハロウィンパーティーなら、三角形の目を作ってカボチャの顔にすると盛り上がりそう。お好きな形に成形して楽しんで下さいね!

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

【あわせて読みたい】
・ハロウィンやお弁当に!秋色きんぴらと簡単サンドイッチレシピ
・ハロウィンパーティーやお弁当にも!超簡単おつまみレシピ
・彼も喜ぶお弁当!お酒にもコーヒーにも◎簡単サンドイッチレシピ
・秋の美肌作りに◎!柿を使った簡単おしゃれレシピ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
・その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
・“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
・見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >