2017/10/28 20:00

寝起き1分!寝違えや首コリを改善する座ったままエクササイズ

急激に冷えるこの時期は「寝違え」の症状が起きる方が多くなります。原因は胸郭(きょうかく)や肋骨(ろっこつ)の歪み。これは首や肩が凝る原因にもなります。
そこで今回は前傾姿勢を改善し、二の腕や背中、クビレも引き締まる寝起き1分で行うエクササイズをご紹介。起床時は一番関節可動域に制限がかかっているので朝一に動かすと良い1日をスタートすることができますよ!

STEP1 正しい座り方

椅子に背筋を伸ばして座ります。

(1)頭と坐骨(ざこつ):座った時に椅子にゴリっと当たる骨を引っ張り合います。
(2)腕は身体の肩甲骨の間から左右に引っ張るように。
(3)骨盤は左右に張るイメージ。足の裏でしっかりと床を踏みしめるようにしましょう。

身体をしっかり外側へ張ることでインナーマッスルや姿勢筋を活性化させます。これで準備万端です。

STEP2 背骨のツイストエクサ

(1)骨盤はそのままで、右手が引っ張られるような感覚で掌が上に向くように腕を肩甲骨からねじり、上半身はそれに自然に従いましょう。
次に右手の小指を見ます。この時STEP1の外への意識は忘れずに。骨盤が動いてしまわないように気を付けて。左手は逆に掌が下に向くようにねじります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >