2017/12/31 15:00

機内食はとらないのが正解!? 海外の時差ぼけ改善ポイント2つ

仕事で海外を飛び回る人、アメリカやヨーロッパにバカンスにでかける人は、昔よりも随分増えてきたと感じております。

行く国によっては時差がかなりきつい場合もあって、滞在中の時差ぼけが気になる人も多いのでは? 仕事でも旅行でも、ボーっとした状態で過ごすのではなく、早く滞在先の環境に溶け込みたいもの。

そこで今回は、時差ぼけを改善するポイントを2つご紹介します。

「ショートステイ」か「ロングステイ」で行動を変えよう!

滞在期間が2〜3日と短い場合は、現地の時間に無理にあわせず、日本のリズムを保った方が楽な場合も。
スケジュールや体調によって、無理なくいつ寝るのかをプランニングするといいですね。

一方で滞在期間が比較的長くてゆっくりという場合は、太陽光を浴びて体内リズムを現地の時間に同調させるようにすると◎! 

また、日中に軽い運動をすると不眠を軽減できるといわれているので、散歩や日光浴などを兼ねて身体を動かしてみましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >