2017/12/15 19:00

角質ケアのやりすぎは逆効果!乾燥肌をまねく4つのNG習慣

冬の季節に起こりやすい乾燥肌。がんばってスキンケアしているのに、なかなか改善されないとお悩みの方もいるのではないでしょうか? 

今回は、何気ない日常の中で乾燥肌を招くNG習慣をご紹介します。

熱いお湯での洗顔やシャワー

寒い季節になると、ついついお湯の温度を上げがちになっていませんか? 

熱いお湯で顔や身体を洗うと、お肌に必要な皮脂を落としすぎてしまい、乾燥の原因となってしまいます。
32〜34度くらいの少しぬるめの温度で洗うように心がけてください。

お風呂から上がった後は化粧水で保湿するのはもちろんのこと、オイルやボディミルクでの保湿力の高いアイテムのケアも大切です。

空気中の乾燥

冬は気温が下がり、風も強くなり、常にお肌は冷気にさらされた状態です。さらに室内では暖房などの風に当たり、室内でも乾燥が起きています。

室内では、加湿機などで部屋の水分バランスを保ち、仕事や移動の合間などはミストスプレーなどでお肌を乾燥から守り、常に水分を与えてあげましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >