2018/01/13 20:00

美人は内側から潤っているもの。食べる乾燥肌ケア3つ

お風呂上がりにしっかりと保湿ケアをしているのに、乾燥肌がなかなか改善されない。
また1日2回以上の排便が出ない人も、アーユルヴェーダでは身体の内側から乾燥している可能性があると考えています。

両方当てはまる人は要注意! ケアをしているのに改善されないという人は、もしかしたら“食生活”が原因かもしれません。

そこで今回は、生活に取り入れやすいアーユルヴェーダに基づいた“食べる乾燥肌ケアのポイント”を3つご紹介します

食べて潤う!乾燥肌の対策ポイント3つ

(1)乾燥した食べ物を避ける

アーユルヴェーダでは『似た物は似た物を引き寄せ、相反する物はバランスをもたらす』という考えがあります。

乾燥させた食べ物は、そのまま体内に乾いた性質を摂り入れるため、乾燥肌の人は冬場はなるべく避けて欲しいです。

具体的には、ドライフルーツやシリアルなど。美容効果が高いといわれ、栄養素が豊富で手軽な間食として積極的に摂られている方も多いと思いますが、食べる時は水に浸けて柔らかくしたり、ホットミルクに入れたりして摂るようにしてみてください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >