2018/01/21 19:00

スタイルが崩れる!? オフィスでやりがちなNG姿勢5パターン

デスクワークの時間が長くなってくると、ついつい悪くなってしまう姿勢。

今回はその中でも、スタイルが崩れやすく、今すぐやめるべき代表的なNG姿勢パターン5つをご紹介。

加えて、やってはいけない理由とやめる方法を、ウォーキングインストラクターの筆者がご紹介いたします。

やってはいけないのに、ついやりがちなNG姿勢

頰づえをつく

顎の骨はもちろん、全身の骨格を歪ませます。
血行が悪くなりむくみの原因にもなるため、小顔になりたいなら絶対にやめるべきクセです。
また、ほうれい線や顔のたるみの原因にもなります。

長時間座りっぱなし

人の体は常に動いているという想定で作られているため、20分以上同じ姿勢をし続けると体が歪み始めるといわれています。
しかも、座り姿勢は立っているよりも腰への負担が大きいといわれています。

仕事に集中していると、つい時間を忘れてしまうことが多いと思いますが、注意したいところです。

足を組む

良くないと分かりつつもクセになっている人が多い、悪い姿勢の代表格が“足を組む”です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >