2018/03/02 21:00

基本の「き」からプロが伝授!すっぴん風メイクのやり方まとめ

ここ数年のメイクは“ナチュラル”がテーマ。肌づりもメイクも、作り込みすぎない、その人の良さを生かしたものがトレンドとなっています。

しかし、すっぴん風のメイクはナチュラルに見せなければならない分、ポイントを押さえないと顔がぼやけてしまったり、アラが隠せなかったり。

そこで今回は、より素肌に近い仕上がりに見える「すっぴん風メイク」の方法について、メイクアップアーティストである筆者がご紹介します。

すっぴん風メイクとは

すっぴん風メイクとは、その名のとおり、あたかもすっぴんであるかのように見せるメイクのことを指します。

例えば、洗顔料やクレンジング剤のテレビCMに出ているタレントや、ドラマのお風呂上がりシーンなどの女優はすっぴんであるかのように見えますが、実はしっかりと「すっぴん風メイク」を施しているのです。

すっぴん風メイクが人気の理由

ここ数年のメイクのトレンドは「ナチュラル」がテーマ。

すっぴんはそのナチュラルの最上級になるわけですが、本当にすっぴんで外を歩ける人はほんのひと握り。

ほとんどの女性は、目の下のクマや頬の赤みなど気になる部分があるため、しっかりとしたベースメイクづくりは欠かせないものとなっています。

今、テレビや雑誌などでアイコンになっているようなモデルや女優の透明感のある肌は、女性のあこがれの的。
そんなナチュラルで透明感のある肌が人気だからこそ、すっぴん風メイクの需要が高まっているのでしょう。

すっぴん風メイクの作り方

ベース

美しく肌を見せるためには、ファンデーションの前の下地がとても重要です。

下地でくすみなどの肌悩みをニュートラルな状態に持っていく必要があります。

よりクオリティの高いすっぴん風メイクに仕上げるためには、メイク下地も1本で完璧を目指すより、まずは土台になる下地を塗ってから、パーツによってアイテムを使い分ける方が効率良く仕上がるのです。

例えば、頬の赤みが気になる場合は、グリーンのコントロールカラーを薄く忍ばせることで、ファンデーションを塗ったときにニュートラルな肌色に持っていくことができます。

また、血行が悪く顔色がすぐれないときにはピンクのコントロールカラーをプラスするなど、ちょっとした工夫で後からのせるファンデーションをより薄く済ませることができるのです。

コントロールカラーが顔全体に必要な場合もあれば、そうでない場合もあります。

しかし、多くの人が全体に必要ない場合でもしっかりとフェイスラインまで塗り込まれていることがしばしば……。

必要のない部分に塗ってしまうと厚塗りの原因になってしまうため、必要最低限の量、そして必要最低限の範囲にとどめることが大切です。

ファンデーション

すっぴん風メイクの場合、より薄づきに見せる必要があるので、こってりとした濃密なクリームファンデーションは避けたほうが無難です。

この場合、BBクリームあるいはBBクリームにほど近い仕上がりに見える、CCクリームも効果的。

ファンデーションを使用する際は、サラッとした薄づきに仕上がるリキッドファンデーションを少量ずつつけるとよいでしょう。

この場合も、顔のすみずみまでつける必要はなく、カバーしたほうがよい部分にだけにつけることを意識しましょう。

特に、顔の中心部をメインにのせ、顔の外側にいくにしたがい手に余った分を伸ばすくらいの感覚がベスト。

フェイスラインまでしっかりとのせてしまうと、どうしても厚塗りの印象が強く出てしまうため、フェイスラインで何かカバーしたい肌悩みがある場合は、ファンデーションやコンシーラーなどを部分使いするとよいでしょう。

フェイスパウダーは、目元やTゾーン、口元などのヨレやすい部分を中心にふんわりとのせます。量を多くのせすぎるとマットな仕上がりになるため、すっぴん風メイクには不向きです。

アイメイク

単純に考えて、すっぴんのときに目元がギラついていることはほぼないと考えていいと思います。
そのため、アイメイクも最小・最低限で仕上げていきましょう。

アイシャドウに関しては、つけないという選択肢もありますが、目元のくすみや暗さが気になる場合は、極微細なパールが入っているベージュ系アイシャドウをアイホールにうっすらと忍ばせるのがおすすめ。
すっぴん風メイクの場合は、色みが強いものはNGです。

そのかわり、アイラインでしっかりとメリハリをつけます。ただしっかり太く引くというわけではなく、まつげの生え際を埋めるように引いていきましょう。

まつげギリギリのキワ部分にラインを引きがちですが、まつげとまつげの生えている隙間を埋めるようにのせると、まるでアイラインを引いていないのに目はハッキリ見えるという、『隠しアイライン』の作用があるんです。

もちろん、キャットラインのような目尻の跳ね上げは厳禁。目尻になじむように流して引くか、まつげとまつげの間を埋めてフィニッシュでもOKです。

ビューラーでまつげを上げる際は、上げすぎ禁物! 自然なCカールができるようプレスは弱めに力加減をしましょう。

マスカラもボリュームタイプではなく、クリアのマスカラもしくはナチュラルブラックのロングラッシュタイプをチョイスし、ダマができないようしっかりとコーミング。
キレイにセパレートしたまつげが理想です。


眉は、ペンシルで毛と毛の隙間を埋めることを優先してください。そののち、パウダーでふんわりとぼかすようにのせるのがポイントです。

色のチョイスとしては、髪色と瞳の色の中間色がベスト。アイブロウマスカラは、いかにもメイクしてる感がでやすいので、すっぴん風メイクで使用する場合はクリアのものがよいでしょう。

チーク

チークは、クリームチーク、もしくはリキッドチークを使用すると、肌の内側からにじみ出るような血色を作りやすくなります。少量を複数回にわけてのせていき、最も濃くしたい部分に最初にのせたら、外側へ外側へとぼかしていきましょう。

もちろんパウダーがNGということではありません。パウダータイプを使用する場合は、多めにのせてしまうと粉っぽい質感に仕上がってしまうため、量には注意が必要です。

色みに関しては、目立たせるというよりかは、ほんのりとした血色を表現するためナチュラルなベージュ系〜コーラル系がオススメです。

リップ

極端に色みが濃いものやテクスチャーの重いものは避けたほうがよりナチュラルな仕上がりに。オススメなのは、色つきのリップバームなどです。

グロスをつけるとしても、ツヤ感が出過ぎては不自然になるため、一度つけたら上から軽くティッシュでおさえると適度なツヤ感を発揮してくれるでしょう。

ハイライト

ハイライトは、パールが強くギラつくものではなく、マットなものをチョイスします。また、ホワイトではなくアイボリーをチョイスするのがプロの技。

ホワイトだと確かに明るさは強調されるものの、入れ方によってはわざとらしさが出てしまうことも。その点アイボリーは、肌なじみがよくナチュラルなハイライトになるのでおすすめです。

ちなみに、顔をより小さく見せたい場合は、うっすらとローライトを入れるのも吉。ただし、のせすぎてはマット寄りになってしまうので気をつけましょう。

すっぴん風メイクが作れるメイクアイテム

下地

リキッドタイプのもの、あるいはクリームタイプのものでも伸びのよいものをチョイスしましょう。毛穴が気になる場合は、部分用のポアカバー下地などを使用するとよいです。

コントロールカラー

広範囲に使用するものであれば、リキッド〜クリームタイプのもの、ポイント使いするものであればスティックタイプやペンシルタイプのものが便利です。

ファンデーション

カバーする度合いによって、使用するアイテムを選びましょう。カバーする箇所が多い、またはより高いカバー力を求めるようであれば、リキッドファンデーション。

比較的カバーするところが少ない、あまりカバー力は求めない場合は、BBクリームあるいはCCクリームでOKです。

ファンデーションを選ぶ場合、テクスチャーは軽めで、重ねるほどカバー力が出るような薄づきでカバーもできるようなタイプが調整がしやすく便利です。

アイシャドウ

アイシャドウは、リキッドタイプやクリームタイプだとより生々しい素肌感を演出できます。

パウダーでもOKですが、ラメなど粒子の粗いタイプのものは避け、極微細なパールで肌をなめらかに見せるようなタイプを選ぶとよいでしょう。

アイライン

よりナチュラルに見せる場合は、ペンシルタイプがベスト。もう少しハッキリ見せたい場合は、リキッドタイプのものがおすすめです。

マスカラ

クリアなもの、あるいはロングラッシュタイプでまつげがセパレートしてスッと流れるようなものがベスト。

ダマができないようにコーミングするため、スクリューブラシやコームがあると便利です。

アイブロウ

アイブロウペンシルとアイブロウパウダー、あるいはアイブロウパウダーに代わるようなマットタイプのアイシャドウがあるのがベストです。

アイブロウペンシルの芯はなるべく硬めなもので少しずつ描くようにし、アイブロウパウダーで濃淡や色を調整できるとよいでしょう。

アイブロウマスカラを使う場合は、クリアなもので毛流れを整える程度にしましょう。

チーク

リキッドタイプやクリームタイプのものは、より素肌感を感じさせる血色が演出できますが、初心者の方だと少し難易度が高めかもしれません。

そのため、粉浮きしづらいしっとりめのパウダーチークを選ぶのがおすすめです。

リップ

よりナチュラルに仕上げるのであれば、リップクリームのような形状で薄く色づくようなタイプだと、内側からにじみ出るナチュラルな色みになります。

もう少ししっかり発色させたい場合は、発色のよい口紅を指で軽くトントンと叩き広げるような感じでつけるのもおすすめです。

ハイライト

リキッドやスティックタイプのものだと、ナチュラルなツヤ感が得られるためおすすめですが、難易度は少し高め。お手軽なパウダータイプのものだとお手軽です。

色みは、マットタイプのアイボリーがプロユース。あまりに真っ白すぎると、肌とのコントラストの差が大きくくすんでしまうこともあるので要注意です。

まとめ

肌を美しく見せようと、どうしてもいろいろなアイテムを肌に重ねがち。しかし、それらを究極に抑えて、素肌美を表現するのが「すっぴん風メイク」です。すっぴん風メイクを美しくまとうためには、日頃のケアもぬかりなく! 土台になる肌が美しくないと、上質なすっぴん風メイクも仕上がりません。


プロ直伝のすっぴん風メイクをマスターして、素肌美人を演出してみませんか?


(メイクアップアーティスト/黒木 絵里)

【あわせて読みたい】

▼メイク法についてもっと知りたい方はこちら
・5分で完成!すっぴん風♡愛されナチュラルメイクの作り方
・お家デートにはコレ!すっぴん風美人を叶えるメイクアイテム3選
・寝坊した朝に!15分以内で出勤できるオフィス向けメイク
・寝坊してもカワイイ私!3分で完ぺきな時短メイクアップ術

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
・テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
・30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
・「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >