2018/03/10 20:00

専門医が解説!女性を悩ます外反母趾の原因と痛みの対処法

外反母趾の症状は人によってまちまちですが、立っていられなくなるほどの酷い痛みに悩まされている方もいます。

足のトラブルは人に話しづらいために痛みを我慢しがちですが、その我慢がより深刻な状態にしてしまうので注意が必要です。

そもそも、一度なってしまった外反母趾はセルフケアで治すことは可能なのでしょうか?

誰しもがなり得る外反母趾について、形成外科医の桐生有紀先生にその予防策と対処法を伺ってきましたので参考にしてくださいね。

■プロフィール
桐生有紀先生
国公立大学医学部卒業、日本医科大学付属病院形成外科・美容外科勤務を経て、2016年より天現寺クリニック院長就任。
【所属病院・クリニック】天現寺クリニック
【所属学会・団体】日本形成外科学会/日本美容外科学会(JSAPS)/日本抗加齢医学会/点滴療法研究会

外反母趾の症状とは

足の親指(母指)が人差し指(示指)の方向に外反(外側に反っている)している状態を言います。
一般的には「足の人差し指のほうに親指の付け根が20度以上曲がっている状態」と定義されており、外反母趾になると、親指の関節の内側の突き出たところが痛み、突出部が靴に当たって炎症を起こします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >