2018/04/02 20:00

うつくしくいるための食事法、“まごわやさしい”とは?

寝不足で肌がくすんでしまったり、油っぽいものを食べたら次の日ニキビが現れた……そんな経験をしたことがある人も多いはず。

美肌を目指す上で毎日のスキンケアはもちろん大事ですが、なかなか治らない肌荒れは内臓の不調が原因かもしれません。

中医学では昔から「肌は内臓の鏡」とも言われているほど、肌と内臓は密接な関係にあるのです。

体の不調が肌荒れにつながっている

私たちが食べたものは胃腸で消化吸収され、その栄養は血液を通って身体中に運ばれています。

胃腸の調子が悪いと消化吸収効率が落ちてしまい栄養がうまく体に取り込めなかったり、肝臓の働きが落ちるとアルコールなどを解毒する力が弱まって毒素が体内に停滞してしまうため、肌荒れやくすみにつながります。

私たちのからだに生きる「腸内フローラ」

私たちの腸内には、数百種600兆個以上の細菌が生息しています。腸壁にびっしり住み着いているその様子がお花畑(flora)のように見えることから、ついた名前が「腸内フローラ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >