2018/05/09 22:00

毎日のケアを見直して!髪にツヤを取り戻す方法

つやつやと輝く髪の毛は昔から「美しい女性」の条件として重要視されています。
髪の毛に美しいツヤがあるだけで、ヘアアレンジなどをしていなくても手入れの行き届いた美意識の高い女性に見えますよね。

しかし、そのツヤはさまざまな原因によって失われていきます。自分の髪のツヤが無いことに悩んだら、まずは「なぜツヤが失われているのか」を知り、その原因を解決することで美しいツヤ髪に近づいていきましょう。

髪のツヤによる印象の違い

首都圏で行われた20代〜40代の社会人を対象にした意識調査によると、女性の第一印象を決める際に「髪」が影響していると答えた人は95.9%という結果が出ています。

さらに、同じ調査で29歳の女性の後ろ姿の写真を「髪のツヤがある状態」と「髪のツヤが無い状態」にして撮影し、それぞれを見た想定年齢を答えてもらいました。

すると、ツヤのない場合の平均回答年齢は35.3歳、ツヤのある場合の平均回答年齢は26.8歳と、8.5歳もの差が出る結果となりました。回答者の男女による差はなかったそうです。(2013年1月 タイムカレント社調べ)

この結果からも、髪にツヤがあることは男女関わらず見る人に若々しい印象を与えることがわかります。後ろ姿においては髪の印象は大きな割合を占めるものなので、きちんとツヤが出るようにケアをして、健康で美しく見せたいですね。

髪のツヤが失われる原因

まずは、髪のツヤが失われる原因を知っておきましょう。主な原因として考えられるものは2つあります。

①キューティクルの乱れ

髪のツヤは、髪の一本一本の表面をうろこ状に覆っている「キューティクル」が乱れることで失われてしまいます。

キューティクルが整っている状態の髪は、ツヤが出て手触りも良くなります。しかし、ダメージを受けてキューティクルが乱れたり毛羽立っていたりすると、ツヤが失われてしまうのです。

②髪のうねり

髪のうねりも、ツヤが失われてしまう原因のひとつです。

ダメージを受けるだけでなく、加齢によって毛髪内の水分バランスが乱れたり、頭皮環境の悪化によって髪の太さが一定でなかったりすることで髪にうねりが生じると、ツヤが失われてしまいます。

髪にツヤを与える方法

髪にツヤを与えるためには、日々の習慣を見直して長期的にケアしていくことが欠かせません。

長い期間を経て伸びる私たちの髪は、カラーやパーマなどはもちろんですが、毎日の習慣の中でもたくさんのダメージを蓄積します。

髪の毛を構成している細胞は死んだ細胞なので、一度ダメージを受けて痛んでしまうと元には戻りません。トリートメントなどで見た目や手触りを改善することはできても、蘇ることはないということを念頭に置いて、いかにダメージを与えないようにするかを意識することが大切です。

シャンプーの仕方

シャンプーは、なるべく髪に負担をかけないように洗うことが大切です。

シャンプーの際に意識したいポイントは3つあります。

①ぬるま湯で予洗いをする

まず、シャンプー前には、ぬるま湯で頭皮と髪を予洗いしましょう。

ワックスなどのスタイリング剤をつけていない場合、髪や頭皮の汚れの70%はシャンプー剤をつける前の予洗いで落ちると言われています。

予洗いでしっかりと汚れを落とすことにより、シャンプーの泡立ちを良くし、摩擦によるダメージを軽減することができます。

ヘアサロンでのシャンプーを思い出してみてください。最初の予洗いは髪を濡らすだけでなく、頭皮にお湯を通しながらマッサージのように頭皮を洗っていきますよね。だいたい1分〜1分半ほどを目安に、38度ほどのお湯で頭皮全体を洗いましょう。

②アミノ酸系のシャンプーで洗う

予洗いをしっかりとしたら次はシャンプーです。シャンプー剤はいわば洗剤なので、洗浄力が強すぎたり、使う量が多すぎると髪を傷める原因となります。髪に優しい洗浄力かつ、アミノ酸系のシャンプーをオススメします。

ショートヘアでワンプッシュ、ロングヘアで3プッシュほどを目安に使いましょう。濡れた手に取り、まずは両手で軽く泡だててから髪につけます。

髪を擦るのではなく、泡だてながら頭皮をマッサージする感覚で洗います。髪には泡が付く程度で充分です。

③しっかりとすすぐ

最後に、すすぎ残しがないようにしっかりと流しましょう。シャンプー剤が残ると、髪のダメージや肌荒れの原因になります。特に、もみあげや耳の裏側はすすぎ残しやすいので注意が必要です。手にお湯を溜めながら頭皮に当てるように、しっかりとすすぎましょう。

トリートメントの仕方

リンス、コンディショナー、トリートメントなど、髪のケアアイテムはいろいろと種類がありますが、髪のダメージをケアしてツヤを出したい場合はトリートメントがオススメです。

トリートメントをつける際のポイントは3つあります。

①水気をしっかりと取る

トリートメントの浸透を良くするには、シャンプーをした後に水気をしっかりと取ることです。毛先まで擦って水気を取るのではなく、根元から毛先へ徐々に抑えるように水気を絞ってください。

②トリートメントを毛先中心につける

トリートメントは毛先を中心につけましょう。頭皮ケア用のトリートメントでない場合は、頭皮や根元につけてしまうと、毛穴が詰まってしまったりベタついたりしてしまいます。

しっかりとケアしたい場合は、トリートメントをつけた後にタオルで髪を覆って放置することも効果的です。

③しっかりとすすぐ

すすぐときはシャンプーと同じように頭皮を中心にトリートメント剤が残らないようにすすいでください。

ドライヤーの仕方

ドライヤーは温風を使って髪を乾かします。濡れたままだと髪はダメージを受けやすくなるので、きちんと乾かすことは必須ですが、ドライヤーの熱のダメージを極力軽減することも重要です。

ドライヤーを使う際のポイントを2点お伝えします。

①しっかりタオルドライする

まず、ドライヤーの前に髪の水分をタオルドライである程度とってしまいましょう。この時もこすらずに抑えるように拭きとり、頭皮を中心にできるだけタオルに水分を吸収させます。

髪のダメージが気になる人はドライヤーの前にアウトバストリートメントを使う人もいますね。適量を手にとったら、毛先を中心に髪の内側から馴染ませるように広げると、つけすぎてベタッと見えてしまうことを防げます。

②根元から乾かす

ドライヤーは頭から20センチ離して乾かすように気をつけてください。髪の表面を乾かすのではなく、頭皮に温風を当てるように髪をかき分けつつ、根元から乾かしていきます。

温風と冷風を交互に切り替えながら乾かすと、髪が熱くなりすぎてダメージを受けることを防げます。熱いままだとキューティクルが開いた状態になるので、最後は冷風でキューティクルを引き締めることによってツヤを出すことができます。

ブラッシング

ブラッシングは毛髪の流れを整え、ツヤを出したり、頭皮のマッサージをして血行を良くし、健康な髪を育むのに有効です。一方で、日常的に間違った方法でブラッシングをしてしまうと、髪の傷みの原因になってしまいます。

ブラッシングをする際は、以下の2点を意識しましょう。

毛先から梳かし始める

髪のくし通りが悪いからといって、無理に引っ張ってブラッシングをするのは厳禁。まず毛先から櫛を入れ、毛先の絡まりを優しく梳かした後、根元からブラッシングしていきます。

シャンプーの前にもブラッシングをしておくと、髪に付着した汚れを取るとともに、絡まりをあらかじめとって、シャンプー中の摩擦も軽減してくれるのでオススメです。

用途に合ったブラシを使う

ブラシにはいろいろな種類があるので、用途に合ったブラシを選んで使うことをおすすめします。

髪にツヤを出すには「つげ櫛」や、猪毛や豚毛を使用した「獣毛ブラシ」などが向いています。一方、頭皮のマッサージには「クッションブラシ」や「パドルブラシ」がおすすめです。このように、用途によって効果的に使い分けていきましょう。

髪のツヤを保つ方法

髪のツヤを保つために、日頃からヘアケアに加えて意識していただきたいことをお伝えします。

積極的にタンパク質を摂取する

当たり前のことですが、美しいツヤを保つには、健康な髪を維持することが大前提。食生活にも気をつけることで今後生えてくる髪を健康でツヤのある髪にすることが期待できます。

毛髪のほとんどはケラチンというタンパク質で構成されているため、良質なタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。タンパク質を効率よく取り込むためには、ビタミンA、B6、Eも必要になってきます。また、髪のツヤを促進する亜鉛やヨウ素などのミネラルもバランスよく摂取するようにしましょう。

ツヤが引き立つ髪型やカラーにする

髪を健康的に保った上で、髪を美しく見せるテクニックを知っておくとさらに魅力的なツヤ髪に見せることが可能です。

毛先が不揃いになると髪がまとまらずツヤ髪に見えにくいので、ロングヘアでも定期的に傷んだ毛先を切りそろえてもらい、まとまったキレイな髪にしてもらいましょう。

また、カットしてもらうときには表面にレイヤーを入れすぎないようにすることで、髪の面が整いやすくなり、ツヤが出やすくなります。

カラーも、レッド系の色やパープルを混ぜてもらうことでツヤのある色に見せることができるので、美容師さんに相談してみるといいかもしれません。

ドライヤーをするときに乾いてから手ぐしで引っ張りながら温風を当てるハンドブローや、ブラシでテンションをかけながら温風を当てるブローも、手っ取り早くツヤを出せるのでぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

髪にツヤを出すには、まず毎日のお手入れの方法を見直し、日々の生活の中で極力髪にダメージを与えないようにすることが大切です。即効性はありませんが、習慣を見直すことは確実に私たちをツヤ髪に近づけてくれます。

今日から小さな習慣を積み重ね、つやつやの美しい髪を目指していきましょう!

ライター紹介

高橋 侑希

【あわせて読みたい】
・美容師に聞いた。髪に優しいドライヤーを選ぶポイント5つ
・専門医に聞く。7割の女性が気にしている頭皮トラブルの原因とケア方法
・遺伝だけじゃない!知っておきたい「女性の薄毛」原因と対策
・夏のダメージヘアに!5分でできる手作りヘアオイルレシピ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・「くるりんぱ」のやり方とアレンジをヘアメイクが伝授!
・三つ編みアレンジ自由自在!ヘアメイクが教える基本のやり方
・まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
・前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >