2018/04/25 19:00

再利用はあり、なし?食品用保存袋の便利で安心な使い方

料理をする人にとって、便利な食品用保存袋。食品を保存するために使っている方が多いと思いますが、実は色々な使い方があるのです。

そこで今回は料理研究家の筆者が、食品用保存袋の便利で安心な使い方をご紹介します。

再利用はあり、なし? といった疑問にもお答えします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

食品“冷凍用”保存袋として使う

ひとり暮らしだと、なかなか食材を一度に使い切れないもの。仕事の付き合いなど突然の外食が入ることも考えると、野菜類などは使いやすい大きさにカットして冷凍保存しておくのが一番。

この際、ジップロックなどの「食品用の冷凍保存袋」が欠かせません。購入する際は冷凍(低温)に耐えられる材質か、食品向けのものか必ずチェックしましょう。

食材を上手に冷凍するポイント

食材はよく洗ったあと水気をしっかり拭き取り使いやすい大きさに切り分け、保存袋にきっちりと詰めます。

ストローなどで空気を可能な限り抜いて密封してから冷凍しましょう。空気が袋に入っていると食材の酸化が進み、鮮度や味が落ちてしまうので注意して。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >