2018/04/29 12:00

玉ねぎと一緒に保存が◎アボカドの変色を防ぐコツ

「森のバター」や「生命の源」といわれるほど栄養価が高いスーパーフードの代表といえば「アボカド」。女性は特に大好きな人が多いですよね。

でも一人暮らしだとなかなか一度で使い切れず、残ったアボカドを保存しているうちに黒ずんでしまった……なんてこと、ありませんか? 

そこで今回は美容に欠かせないアボカドの変色を防いでおいしくいただくコツを、料理研究家の筆者がご紹介します。

アボカドの変色を防ぐ3つの方法

ラップで切り口を密封

アボカドに含まれるポリフェノールなどの成分は空気に触れることで褐色になってしまいます。これが黒ずみの原因。なのでまずはなるべく空気を遮断することが大切。

アボカドを半分保存する場合は種付きのアボカドの表面に、空気が入らないようにピッタリとラップをして冷蔵保存しましょう。うっかり種をくり抜いて捨ててしまった場合は、くぼんだ部分にレモン汁をたっぷり吸わせたキッチンペーパーを詰め込み、その上からピッタリとラップをします。翌日に使い切るのが理想です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >