2018/06/11 21:00

形成外科医に聞く!おしりのブツブツの原因と治し方

おしりにできる、ニキビのようなブツブツや小さなポツポツ。気になってつい触ってしまう方も多いのではないでしょうか。

また、おしりにできるブツブツには、いくつか種類があるのはご存知でしょうか。

ブツブツを放置すると、色素沈着につながることもあるそうなので、きちんとケアをしたいところ。

そこで今回は、形成外科医の矢加部文先生に伺い、おしりのブツブツの原因と治し方を徹底解説します。適切に対処して、きれいなおしりを目指しましょう。

■プロフィール
形成外科・美容皮膚科 みやびクリニック 矢加部文先生
2002年に長崎大学卒業後、長崎大学形成外科入局。その後、日本形成外科学会専門医、日本抗加齢学会専門医、乳がん学会認定医、マンモグラフィ認定読影医として活躍中。

おしりのブツブツの正体

気になるおしりのブツブツは、実は、さまざまな原因が考えられます。

まずは、その正体として考えられるものをご紹介しましょう。

(1)ニキビ

毛穴の入り口が詰まることで、毛穴の中に皮脂が詰まってしまう状態を指します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >